TwitterAPIを使用するアプリケーションの登録

Twitterを操作するアプリを作成する場合、TwitterAPIを使用することになります。

このTwitterAPIは事前にどういったアプリで使用するのかを登録しておく必要があります。

今回はTwitterAPIを使用するためのアプリ登録方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

前提条件

  1. Twitterアカウントを所有している
  2. ネット環境がある

アプリ登録方法

公式サイトにて、TwitterAPIを使用するアプリを登録します。

この登録を行わないと、TwitterAPIを叩けません。

ログイン

まずtwitterにログインします。

アプリ作成

表示された画面で「Create New App」をクリックします。

次に、アプリ登録画面が表示されるので、必要項目を入力して「Create your Twitter application」をクリックします。

※対象のtwitterアカウントに電話番号を登録する必要があります。登録されていない場合エラーが出ます(出ました)

正常に完了すると、以下のような画面が表示されます。

アクセス権限変更

PermissionタブでAccess項目を「Read and Write」に設定しておきます。

アクセストークン取得

次にアクセストークンを取得します。

Keys and Access Tokenタブで「Create my access token」をクリックします。

また、Keys and Access Tokenタブに「Consumer Key」と「Consumer Secret」があり、これをプログラム中で使用(指定)します。

参考サイト

Twitterアプリケーションの作成(Consumer key、Consumer secret、Access token、Access token secretの確認方法)

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。