LinuxでRaspberryPiのOS(Raspbian)をインストールする方法

新しくRaspberryPiを購入しました。

これで家にあるRaspberryPiは2台になりました。

1台はサーバとして運用していて、新しいRaspberryPiもいっぱい遊んでからサーバとして運用するつもりです。

RaspberryPiのOSの選択肢は多岐にわたります。

私は過去にRaspberryPiのOSとして、Windows10 IoT、ArchLinux、Raspbianを使ったことがあるのですが、個人的に一番良いと思ったのがRaspbianです。

ということで今回は改めてRaspberryPiのOS「Raspbian」のインストール方法を紹介していきたいと思います。

環境はLinuxのLinuxMintで行いました。Ubuntuでも手順は変わらないと思います。

スポンサーリンク

準備するもの

Raspbianインストールに必要なものは以下のとおりです。

  • microSDカード(←8GB以上、私は128GBのものを使いました)
  • ネットワーク環境

インストール方法

では本題のインストール方法です。

今回インストールするのは「Raspbian Stretch」というものです。

Raspbianにはいくつかエディションがあるみたいで、今回はstretchのインストール方法を紹介します。

公式サイトにインストール方法を解説しているページがあったので、これをそのまま実行した感じです。

INSTALLING OPERATING SYSTEM IMAGES ON LINUX

zipファイルダウンロード

公式サイトから〇〇-raspbian-stretch.zipをダウンロードします。

〇〇の部分はリリース日付が入ります。

私の場合は、2017-11-29-raspbian-stretch.zipになります。

以下の画像の赤で囲った部分をクリックするとダウンロードが開始されます。

SDカードのデバイス名を検索

下記コマンドを実行し、現在マウントされているデバイスを表示します。

df -h

準備したSDカードをPCに接続し、もう一度下記コマンドを実行します。

df -h

1回目と2回目の差分がSDカードのデバイス名になります。

「/dev/sdX1」のような名前になっているはずです。

私の環境では「/dev/sdb1」と表示されていました。

複数行あった場合は、SDカードは複数のパーティションで分割されているということです。

ちなみにSDカードをフォーマットしたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください(LinuxMintを使っている方は参考になると思います)

LinuxMintでUSBメモリをフォーマットする

(ファイルシステムはext4でフォーマットします)

ちなみに私が使用したSDカードは以下のものです。フォーマットする際はアダプタも使用しました。

 

SDカードアンマウント

デバイス名がわかったら、これをアンマウントする必要があります。

アンマウントするには下記コマンドを実行します。

umount /dev/sdX1

パーティションで分割されている場合は、すべてアンマウントする必要があります。

イメージファイルをSDカードに書き込み

公式サイトからダウンロードしてきたファイルはzipファイルなので、解凍してSDカードに書き込みます。

以下のコマンドはzipファイルを解凍し、出力をddコマンドにパイプさせています。これで解凍されたイメージファイルをSDカードに書き込むことができます。

unzip -p 2017-11-29-raspbian-stretch.zip | sudo dd of=/dev/sdX bs=4M conv=fsync

少しコマンドの説明です。

  • unzip:zipファイル名は適宜変更してください。
  • of:前節で検索したSDカードのデバイス名を入れます。
  • bs:ブロックサイズを指定します。1Mとかでもいいですが、公式サイトによると4M推奨みたいです。(1Mに比べて書き込みに時間がかかるみたいです)
  • conv:メタ情報を書き込みます。

SDカード取り出し

書き込み完了後、下記コマンドを実行して、キャッシュをフラッシュします。

sync

コマンド実行後、SDカードを抜き取ります。

 

以上でRaspbianインストールは完了です。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。