PythonでTwitterに投稿してみる

pythonを勉強したいと思ってから結構時間が経ってしまったので、そろそろ何か作ろうと思います。

というわけで、手始めにpythonでtwitterをtwitterAPIで操作してみようと思います。

と言ってもネット上にたくさん情報があるので、それらを参考にプログラムを組んでいきます。(もちろんちゃんと意味は理解して)

この記事では、特に難しいことはせず、twitterに何か文章を投稿することをゴールとして、その手順を紹介します。

※初心者向けです!

スポンサーリンク

環境

  1. OS:LinuxMint 18.02 Cinnamon(※)
  2. ネットワーク環境がある

※Ubuntuでも同じやり方になると思います。

アプリの登録

TwitterAPIを叩く際に、そのアプリを公式サイトにて登録する必要があります。

登録しないとTwitterAPIを叩けません。

登録方法は以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

TwitterAPIを使用するアプリケーションの登録

パッケージインストール

必要なパッケージをインストーすします。

まずは以下のおまじないを唱えます。

sudo apt-get update
sudo apt-get -y upgrade

その後、pipというpythonのパッケージ管理システム(コマンド)をインストールします。

sudo apt-get install python-pip   #python2の場合
sudo apt-get install python3-pip  #python3の場合

インストールしたpipコマンドで「twitter」をインストールします。

sudo pip install twitter   #python2の場合
sudo pip3 install twitter  #python3の場合

 

Twitterに投稿

以下のソースを作成します。

ファイル名はtwitter_tweet.pyとします。(ここは何でもいいです)

#coding: UTF-8

import twitter

# 取得したキーとアクセストークンを設定する
auth = twitter.OAuth(consumer_key="XXX",
                     consumer_secret="XXX",
                     token="XXX",
                     token_secret="XXX")

t = twitter.Twitter(auth=auth)

# twitterへメッセージを投稿する 
t.statuses.update(status="pythonからtwitterへの投稿テストです!")

あとはこれを実行するだけです。

以下のコマンドを実行します。

python2 twitter_tweet.py

参考サイト

Python で Twitter API にアクセス – Qiita

PythonでTwitterしてみた – Qiita

Pythonでサクッと簡単にTwitterAPIを叩いてみる – Qiita

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。