LinuxMint、UbuntuでリモートデスクトップRemminaを使う

Windowsにリモートデスクトップがあるように、LinuxMintやUbuntuにはRemminaというアプリがあります。

LinuxMintやUbuntuからWindowsや他のOSに接続したい場合はこれを使うことになります。

今回はこのRemminaを使ってLinuxMintからRaspberryPiにアクセスする方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

前提条件

  1. OS:LinuxMint 18.02 Cinnamon(※)
  2. ネット環境がある
  3. 接続先OS:Raspbian

※確認はLinuxMintで行いましたが、Ubuntuでも同じやり方になると思います。

Remminaインストール

Remminaはデフォルトでは入っていないのでインストールします。

まずはソフトウェアアップデート。

sudo apt-get update
sudo apt-get -y upgrade

以下のコマンドでRemminaをインストールします。

sudo apt-get install remmina
sudo apt-get install remmina-plugin-rdp  # RDP接続するのでこのプラグインもインストール
sudo apt-get install remmina-plugin-vnc  # VNC接続する場合はこっちをインストールする

Remminaでリモート接続

インストールが完了したらRemminaを起動します。

メニューから起動できますが、以下のコマンドでも起動できます。

remmina

起動時の画面はこんな感じ。

「新規」ボタンをクリックして接続設定を行います。

それぞれの環境に合わせて設定していきますが、

最低限必要な設定は以下の通りです。

  • 名前:設定の名前
  • プロトコル:今回はRDPを指定
  • サーバー:接続先のIPアドレス
  • ユーザ名:接続先のログインユーザ名
  • パスワード:接続先のログインパスワード
  • 色数:デフォルトでは8bppが指定されていますが、何も見えないため一番大きい32bppを指定

※これらの設定はあとから変更可能です。

設定が完了したら「接続」ボタンをクリックします。

設定に問題がなければ、以下のように接続先の画面が表示されます。

切断する場合はツールバーのコンセントのマークのボタンをクリックすれば切断できます。

また、一度接続した情報は保存され、以下のように一覧に表示されます。2回目以降の接続はラクになります。

 

以上、LinuxMintからRaspberryPiへのリモート接続方法の紹介でした。

参考サイト

Remmina で Linux Mint 14 から Windows 7 にリモート接続 – コーヒータイム

LinuxからWindowsにリモートデスクトップでアクセスできるRemminaが便利

Remmina: “Protocol plugin RDP is not installed”, even after purge and install

スポンサーリンク


1 個のコメント

  • いいね!

    いいね!ボタンがないのでコメントしてみました。
    RemminaでWindowsのリモートデスクトップに接続できました。
    やったね!
    記事をどうもありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。