LinuxMint SQL Ubuntu

Ubuntu、LinuxMintにPostgreSQLとpgAdminをインストールする

WebアプリやWebサービスを作る際、データベースでデータ管理することが多々あるかと思います。

無料や有料のものもありますし、機能や使用条件も様々です。

有名なものだとOracleやMySQLなどがあります。

そこで今回、無料・割と高機能・個人的に使いやすいデータベース「PostgreSQL」のインストール方法を紹介します。

今回はLinux(Ubuntu、LinuxMint)でのインストール方法であり、Windowsでのインストール方法はまた後日記事にするかもです。

前提条件

  1. OS:LinuxMint 18.02 Cinnamon(※)
  2. ネットワーク環境がある(インターネットに接続できる)

※確認はLinuxMintで行いましたが、Ubuntuでも同じやり方になると思います。

PostgreSQLとは

PostgreSQLとは、世界中で広く使われているデータベース(RDBMS)の一種です。

「ぽすとぐれす」や「ぽすぐれ」なんて呼んだりします。

OSS(オープンソースソフトウェア)となっており、すべてのソースは公開されています。

どんな用途でも無料で利用できるのが特徴です。(当然商用利用もできます)

LinuxとWindowsの両方に対応しています。

また、日本語にも対応しています。

pgAdminとは

急に出てきましたが、pgAdminとは、PostgreSQLのデータベースをGUIで管理することができるツールです。

コマンド操作がなくなるので、初心者は利用をおすすめします。

PostgreSQL同様、OSSとなってるので自由に使用できます。

LinuxとWindowsの両方に対応し、日本語にも対応しています。

インストール

本題のインストール方法ですが、今回は使用方法ではなくインストール方法のみ紹介します。

下記コマンドを実行して、PostgreSQLとpgAdminをインストールします。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install postgresql
sudo apt-get install pgadmin3

インストールが完了したら、pgAdminはスタートメニューに登録されているので、起動できるか確認します。

スタートメニューに登録されていない場合は、下記コマンドで起動できます。

pgadmin3

正常に起動できると以下のような画面が表示されます。

参考サイト

Ubuntu 14.04 に Postgresq と pgAdminIII を導入しました|シロnのブログ

-LinuxMint, SQL, Ubuntu

© 2020 エンジニアの備忘LOG Powered by AFFINGER5