GitKrakenをUbuntu、LinuxMintにインストールする

プログラム開発においてバージョン管理システムはなくてはならない存在です。

私は仕事ではSVN、プライベートではGitを使っています。

GitをGUIで操作できるクライアントソフトはTortoiseGit(Windows)を使っていたのですが、これはLinuxに対応していません。

なのでLinuxで使えるGitのクライアントソフトを探したところ、私好みのものを発見しました。

ということで今回はWindows、Mac、Linuxに対応しているGitクライアントソフト「GitKraken」のインストール方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

前提条件

  1. OS:LinuxMint 18.02 Cinnamon(※)
  2. ネットワーク環境がある

※インストール自体はLinuxMintで行いましたが、Ubuntuでも同じ手順になると思います。

インストール方法

本題のGitKrakenインストール方法です。

debパッケージダウンロード

公式サイトからgitkraken-amd64.debをダウンロードします。

↓公式サイトはこんな感じです。「Download Free Now」をクリックします。

↓「Deb Package」と「Gzip Package」を選べるので、「Deb Package」を選択します。するとダウンロードが開始されます。

パッケージインストーラからインストール

ダウンロードしたgitkraken-amd64.debをダブルクリックします。

すると、パッケージインストーラが起動します。

(画像はインストール後に取ったものなので再インストールの画面になっています)

「パッケージをインストール」をクリックします。

パスワードを聞かれるので入力してインストールが完了するのを待ちます。

完了すると以下のようなウィンドウが表示されます。

以上でインストールは完了です。

初回起動(アカウント登録orログイン)

GitKrakenを起動します。

スタートメニューに登録されているはずなので、クリックします。

スタートメニューにない場合は、以下のコマンドでも起動可能です。

gitkraken

起動できたら、以下のような画面が表示されます。

アカウントを作成する場合は、「Create a GitKraken Account」をクリックします。

が、私の場合は過去にGitKrakenのアカウントを作成しているため、ここではアカウント作成方法については省略します。(ごめんなさい)

アカウントを作成し、ログインすると、以下のような画面が表示されます。

この画面が表示されれば、ログイン完了です。

これでGitKraken使用可能です。

お疲れ様でした。

起動できない場合

ログインとかアカウント云々以前に、そもそも初回起動ができない場合があります。

システムモニター(タスクマネージャ)を見るとgitkrakenのプロセスは存在してたり、コマンドからgitkrakenを起動すると途中で止まったりする。

こんな場合は以下のコマンドを実行してみてください。

sudo apt install curl libcurl3

これで症状が改善されるかもしれません。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。