Atomの設定をGitHubで管理する

以前、Atomの設定を「sync-settings」というパッケージを利用して、GitHub(Gist)で管理する方法を紹介しました。

Atomの設定をGitHub経由で同期する「sync-settings」

この方法とは別に、.atomフォルダをGitHubにあげて管理する方法があるみたいなのでやってみました。。

スポンサーリンク

準備するもの

  • Atom
  • GitHubアカウント

※GitHubアカウントの作成方法についての説明は省略します。

ちなみにAtomのインストール方法については以下の記事を参考にしてみてください(Windows10、Ubuntu、LinuxMint等で参考になると思います)

LinuxMintにAtomをインストール→日本語化まで

Windows10にAtomをインストール

リポジトリの設定

  • リモートリポジトリ:Atomの設定を置くためのリポジトリをGitHubで作成
  • ローカルリポジトリ:「C:/Users/ユーザ名/.atom」フォルダをローカルリポジトリにする(Linuxの場合はホームディレクトリ)

(リポジトリ作成部分の詳細は省きます)

パッケージ管理

.atomフォルダの中のpackagesフォルダはGitHubにあげたくないので、パッケージは他の設定とは別で管理します。

下記コマンドを実行し、何のパッケージがインストールされているかをファイルに出力します。(コマンドプロンプトで実行できます)

apm list --installed --bare > packages.txt

このpackages.txtを使ってパッケージを復元(インストール)するには以下のコマンドを実行します。

apm install --packages-file packages.txt

ということで、このpackages.txtをGitHubで管理すればパッケージ管理ができます。

パッケージ以外の設定管理

パッケージ以外の設定は.atomフォルダ(packagesフォルダ以外)を丸ごとGitHubにあげればOKです。

なので、.gitignoreは以下のようになります。

blob-store
compile-cache
dev
storage
packages   (←ここを追加する)
.apm
.node-gyp
.npm

これでGitHubに反映させれば完了です。

参考サイト

Atomの便利なパッケージ管理方法 – GitHubやスターを利用して他の開発環境でも使えるようにしておく

インストールされてるpackageをgitで管理したい

Atomの設定をGitで管理する| Atom講座 | [Smart]

Atomの設定・パッケージを複数端末で共有したいメモ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。