AtomでMarkdownを書くときのおすすめパッケージ

私は仕事でシステムの仕様書を書くときは主にWord、他の資料はWordだったりExcelだったりを使っているのですが、個人的にはあまり使いたくありません。

なぜなら、SVNやGitでバージョン管理ができないからです。(WordやExcelはバイナリファイルのため)

できないというのは語弊がありますが、少なくとも誰がいつどこをどんな風に修正したかはバージョン管理システム上ではわかりません。

仕様書をバージョン管理システムで管理するにはテキストベースで記述するしかありません。

ここで、Markdown記法というものを使うと仕様書をテキストベースで書くことができます。

そんなMarkdown記法ですが、普通のテキストエディタで記述できますが、Atomを使うとすごく便利です。

というわけで、AtomでMarkdownを記述するときに、入れておいた方が良い便利なパッケージを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

はじめに

まずはじめにAtomをインストールしておく必要があります。

Atomのインストールについては下記の記事を参考にしてみてください(ただしUbuntuやLinuxMint用です)

LinuxMintにAtomをインストール→日本語化まで

 

また、本記事はマークダウンについての記事ではなく、Atomパッケージを紹介する記事です。

パッケージ紹介

markdown-preview

デフォルトで入ってるはず。

マークダウンのプレビューを見ることができます。

「Ctrl + Shift + m」でプレビューウィンドウを表示します。

markdown-preview-opener

マークダウンファイル(〜.md)を開いた時、上記マークダウンプレビューを同時に開いてくれます。

「Ctrl + Shift + m」を押す必要がなくなります。

markdown-writer

マークダウンの入力支援をしてくれます。

VisualStudioの補完機能みたいな感じ。

箇条書きの「*」を手入力せずに、改行するだけで次の行にも「*」を入れてくれます。

markdown-scroll-sync

編集画面とプレビュー画面を同時にスクロールすることができます。

編集画面でスクロールするとプレビュー画面も同時にスクロールされます。

tool-bar、tool-bar-markdown-writer

tool-barをインストールしてから、tool-bar-markdown-writerをインストールします。

これは文字通りツールバーを表示してくれます。

私みたいなマークダウン初心者にとっては心強い味方です。

tidy-markdown

マークダウンファイルの表やリストを整形します。

例えば、テーブルの中身を書いて保存すると、自動で整形してくれます。

わざわざスペースを入力する必要がなくなります。

保存前↓

保存後↓

 

参考サイト

Atom をMarkdownエディタとして整備

ATOMエディタでMarkdownを編集する時に役立つプラグイン

Atomエディタのパッケージをいくつか試用

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。